サステナビリティは新しい常識です。

太陽光発電に電気自動車、さらにはヴィーガン食と、人間による破壊から地球を守る取り組みがあらゆる場所で行われています。

キネストラルは、サステナビリティの精神と共に設立されました。

私たちは、クリーンエネルギーを最大限に活用し、かつエネルギー使用量を最小限に抑えるために研究を続けています。

アメリカでは、ビルが消費するエネルギーは全エネルギー使用量の40%を占め、そのうちの半分以上が冷暖房と照明に費やされています。(※1)。世界的には、ビルの稼働とその建築工程におけるエネルギー消費は全エネルギー使用量の36%を占め、CO2排出量は全体の約40%に上ります(※2)。 そのため、私たちはビルによる環境負荷を低減できる可能性のあるガラス・テクノロジーに注力してきました。

ヘイリオのガラス・テクノロジーは毎日を 

”アースデイ”に変える自然な美しさを備えたガラス技術です。建築家のみなさまは、ヘイリオによって、ガラスを多用しながらも地球に優しい建築物を構築することが可能になります。


[1] US Energy Information
[2] International Energy Agency (IEA) for the Global Alliance for Buildings & Construction